クレジットヒストリーとは、返済履歴のことです。略して「クレヒス」と呼ばれます。

 

クレジットカードの借り入れ状況は、個人信用情報機関に記載されており、カード会社は定期的にチェックを行っています。

 

返済状態が良ければ、増額などを申し込みやすく、ほかのカード会社の審査にも通りやすくなります。

 

 

まれに、過去に借金したことがなく、属性に問題がないにもかかわらず、審査に受からない人がいるようです。

 

クレヒスがないことで、カードが作りにくいというようなことが起こっています。

 

なぜ、このようなことが起こるのかというと、高齢者のクレヒスなしを「スーパーホワイト」といって、情報がまったく記載されていないのは、過去に事故があって記録が末梢されているのではないかと疑われるからです。

 

ある程度の年齢なら、過去にカードのひとつやふたつは作っているはずだという判断なのでしょう。

 

審査に落とされる理由がまったくわからない…という人は、このような理由も考えられます。

 

このような場合は、とりあえず少額でいいですから何かのローンを組んで、それを着実に返すことを繰り返すとクレジットヒストリーが良くなるということですよ。