個人信用情報機関とは、クレジットカードを申し込んだときに、カード会社が事故情報などを照会するための情報機関です。

 

CIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機関)、全国銀行協会などがあります。

 

CICに加盟しているのは、クレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などです。

 

JICCには、貸金業、クレジットカード会社、リース会社、保証会社など。全国銀行協会には、銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟しています。

 

個人信用情報として記録されているのは、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先などの契約内容に加え、ローンやクレジットカードなどの返済状況に関するものです。返済状況については、延滞、代位弁済、強制回収手続などの細かい情報もチェックできます。

 

ローンやクレジットカードの申し込みがあったことも記録されるので、複数申し込んでいると不利になる場合があります。

 

個人信用情報機関に開示請求をして、自分自身の情報を確認することもできますので、気になる方は取り寄せてみてください。