延滞を繰り返すと登録されてしまうという「ブラックリスト」ですが、単なる噂にすぎないようです。

 

その人の信用情報に事故記録が載ることは考えられますが、事故記録のある人の一覧が載ったリストみたいなものはありません。

 

そんなものがあったら、犯罪に利用されそうで怖いですよね。

 

ただ、インターネットの普及で銀行、信販会社、消費者金融の間で信用情報が共有しやすくなっているのはたしかなので、結果的にブラックリストのようなものができあがってしまうかもしれません。

 

ブラックリストが存在しないとしても、滞納や延滞が続けば、カードが使えなくなったり、残額を一括で返済しなければならないようなことにもなりかねません。

 

信用情報が気になる場合は、信用情報機関に開示請求の手続きをすれば、確認することができます。

 

 

ちなみに、自己破産した場合は、7〜10年ほどはローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。

 

また、自己破産により免責を受けたということは、官報に記載されます。といっても、官報は記載情報を閲覧しない限り、自己破産を知られることはないようです。