2010年6月18日以降、貸金業法が改正になり、総量規制が開始されました。

 

総量規制で、年収の3分の1以上は借り入れることができなくなります。

 

対象となるのは、クレジットカードの「キャッシング」の部分で、「ショッピング」の部分については、「割賦販売法」が適用されます。

 

ただし、貸金業者からの借り入れを対象としており、銀行の貸し付けについては対象外です。住宅ローンや自動車ローンなどは除外となっています。

 

また、現在すでに年収の3分の1以上の借り入れがあるからといって、無理な返済を求められるわけではありません。新規借り入れができないだけです。

 

 

新規借り入れを行う場合は、1社からの借り入れ残高が50万円を超える場合、または1社の借り入れ残高と他社からの借り入れ残高の合計額が100万円を超える場合に、貸金業者は収入を証明する書面の提出を求めることが、法律上義務づけられています。

 

専業主婦が借り入れを行う場合は、配偶者の収入と合わせて、二人分の年収の3分の1まで借り入れることができます。申し込みには、配偶者の同意書と配偶者との婚姻関係を示す書類、配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

 

PS
借金のストレスで肌があれました。。このぽつぽつ。杏ジェル効果を少しあやかりたい。。