法定金利とは、法律で定められている利息の上限金利のことをいいます。

 

カード会社が記載している利用限度額と金利には、「利息制限法」と「出資法」が関わっています。

 

利息制限法は、元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本100万円以上の場合は年15%という利息の上限を定めています。

 

しかし、出資法では、金額にかかわらず年29.2%の利息制限を定めており、違反すると、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金を支払わなければなりません。

 

2006年の貸金業法改正以前は、多くの貸金業者が、利息制限法の上限金利である年15〜20%と出資法の年29.2%の間で貸し付けを行っていたため、「グレーゾーン金利」と呼ばれて問題視されていました。

 

貸金業法の改正によりこのグレーゾーン金利が撤廃されて、現在は利息の上限が15〜20%で統一されています。

 

貸金業者にお金を借りていた人は、過去に払い過ぎた分について過払い分を返還請求することができます。

 

完済してから10年以内であれば返還請求できますから、金利を見直してみるとよいでしょう。