クレジットカード用語解説記事一覧

法定金利とは、法律で定められている利息の上限金利のことをいいます。カード会社が記載している利用限度額と金利には、「利息制限法」と「出資法」が関わっています。利息制限法は、元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本100万円以上の場合は年15%という利息の上限を定めています。しかし、出資法では、金額にかかわらず年29.2%の利息制限を定めており、違反すると...

2010年6月18日以降、貸金業法が改正になり、総量規制が開始されました。総量規制で、年収の3分の1以上は借り入れることができなくなります。対象となるのは、クレジットカードの「キャッシング」の部分で、「ショッピング」の部分については、「割賦販売法」が適用されます。ただし、貸金業者からの借り入れを対象としており、銀行の貸し付けについては対象外です。住宅ローンや自動車ローンなどは除外となっています。ま...

延滞を繰り返すと登録されてしまうという「ブラックリスト」ですが、単なる噂にすぎないようです。その人の信用情報に事故記録が載ることは考えられますが、事故記録のある人の一覧が載ったリストみたいなものはありません。そんなものがあったら、犯罪に利用されそうで怖いですよね。ただ、インターネットの普及で銀行、信販会社、消費者金融の間で信用情報が共有しやすくなっているのはたしかなので、結果的にブラックリストのよ...

個人信用情報機関とは、クレジットカードを申し込んだときに、カード会社が事故情報などを照会するための情報機関です。CIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機関)、全国銀行協会などがあります。CICに加盟しているのは、クレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などです。JICCには、貸金業、クレジットカード会社、リース会社、保証会社など。全国銀行協会には、銀行、信用...

クレジットヒストリーとは、返済履歴のことです。略して「クレヒス」と呼ばれます。クレジットカードの借り入れ状況は、個人信用情報機関に記載されており、カード会社は定期的にチェックを行っています。返済状態が良ければ、増額などを申し込みやすく、ほかのカード会社の審査にも通りやすくなります。まれに、過去に借金したことがなく、属性に問題がないにもかかわらず、審査に受からない人がいるようです。クレヒスがないこと...